奈良スバル自動車株式会社

橿原店

橿原店スタッフ通信

ホーム橿原店スタッフ通信 > 空気抵抗って?

スタッフ通信

[2021.01.24]

空気抵抗って?

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

お久しぶりです、サービスフロントの歌川 透です。


皆様「コロナ禍」がまだまだ続く中、如何お過ごしでしょうか?

引き続き注意して乗り切っていきましょう!(^^)

 

 

さて、みなさん「CD値」って聞いた事有りますか?
「ミュージックCDの値段」ではありませんよ(笑)


何かと言うと、クルマが走行する時に受ける「空気の抵抗の値/空力」なんです。

なので、「CD値」は小さければ小さいほど評価が高い、というわけです。

空気抵抗が良いクルマの目安はおおよそ「CD値0.3」。

この値を境にして、それを下回ると「とても良い!」と言われてきました。

 

つまり空気抵抗が少ないと、その分「燃費」に貢献出来る訳です。

今でこそ「CD値0.3」を下回るクルマは珍しくないですが、

30年以上昔は国産車では存在していませんでした(汗)


そんな時登場したのが富士重工業(現 株式会社SUBARU)から発売された初代「アルシオーネ」!
このクルマは国産車初「CD値0.29」という当時としては快挙を成し遂げたクルマでした。


実は私、10年以上前に「アルシオーネ」の最終型に乗っておりました!

このアルシオーネ、新型レヴォーグに似たエンジン特性を持ったクルマでした。

「最大トルクが発生するエンジン回転数」は「1,800rpm」と、

低回転から発揮するのでとても乗りやすい(加速が良い)クルマでした。

(ちなみに新型レヴォーグの「最大トルク」はアルシオーネの倍ほど出ますよ!)

 

一昔前はクルマの性能を空気抵抗の部分で補う形が主流でした。
しかし近年では「エンジン」「オートマチック」「制御システム」など

全ての技術が向上されていますので、燃費も良くなっています。

新型レヴォーグはリーン燃焼を実現させた新型エンジンなどの最新技術のみならず、

タイヤハウス内にスリットを設けるなど空力を意識して作られています!

 

もともと株式会社SUBARUの前身は「航空機メーカー」なのですが、

(今でも旅客機の中央翼を作ってボーイング社に納めています!)
コツコツと技術革新をしてきた歴史の一つに今回の新型レヴォーグが
ラインナップされた事で、益々面白くなって来ました!!


今後の新車達にどうぞご期待下さいね(*^^*)

この度もご覧頂きまして有難う御座いました。
次回もお楽しみに!!

  • 前のページへ戻る
  • 店舗トップへ

営業日と営業時間のご案内

営業時間

【ショールーム】
   10:00~18:00
【サービス工場】
   10:00~18:00

定休日

毎週火曜日・水曜日
(最終週の火曜日を除く)

店舗情報